消波根固工法におけるブロック製作用型枠の賃貸及びこれに伴うコンサルティングを行う会社です。

三省水工(株)ロゴ

本社直通電話:0334635394

トップページトップページ製品紹介製品紹介最新情報最新情報企業案内企業案内技術研究所技術研究所お問い合わせフォームお問い合わせフォーム

ワーロック

HOME > 製品紹介 > ワーロック 直立消波工法

直立消波工法

ワーロック WAROCK

white_1-1.png

white_1-1.png
カタログPDF閲覧カタログPDF閲覧
white_1-1.png
賃料表PDF、本州、四国、九州賃料表PDF、本州、四国、九州white_5-5.png賃料表PDF、北海道、沖縄賃料表PDF、北海道、沖縄
white_1-1.png
賃料表は、本州、四国、九州版と、北海道・沖縄版に、
分かれています。

ワーロックPDF表紙

ワーロックで構築された構造物は、堤体自体に消波機能を持つため、別途に消波工を設ける必要がなく経済的で、しかも堤体施工と同時に消波効果を発揮します。
港内や、内海、内湾の消波構造物として、反射波や越波の低減に役立ちます。
また、施工も容易で完成後は六角形の穴が整然と配列され美しい景観を呈します。

ワーロック函塊

型式 実質量 体積 型枠面積 L B H
(t)  (㎥) (㎡) (m) (m) (m)
NA型 10.5  4.586 20.239
1.60 3.50 1.40
NB型 20.4  8.862 31.495
2.00  4.50  1.70
NC型 39.4 17.114 49.072 2.40 6.00 2.00
D型 71.6 31.126 71.288 2.80 8.00 2.30

※各型式には1/2型、防舷材取付けタイプ、透過タイプ、ロングタイプ、両面消波タイプ等がございます。

□護岸
越波や反射波を低減し、基礎の洗堀を防止します。天端上面が平坦で護岸前面に障害物がなくまた浮遊魚に対しても魚礁効果があるため魚釣り場や遊歩道など多目的に利用できます。ブロック本体だけで堤体を形成するため、施工も単純で経済的です。

□護岸・物揚場・突堤
港内の岸壁や物揚場にワーロック工法を採用することにより荒天時の港内の静穏を保つことが出来ます。それにより船舶の係留や停泊をより安全にし、また航行船舶や係留船舶への航跡波の反射波による影響を和らげます。

□防波堤・透過堤
波のエネルギーを吸収し波圧を低減させ、反射波や越波を低減し、基礎の洗堀を防止します。また、異形ブロックによる消波工と異なり、法足がでないため航路障害等の影響もなく、航路、泊地を広く安全に確保出来ます。さらに堤体下部に透過型(T型)を使用することにより、遮蔽領域への海水交換を促し、内水面の汚染防止に役立ちます。

□消波工
ワーロックによる消波工は、既設護岸、防波堤の前面に直接設置することが出来、異形ブロックによる消波工と異なり水深に比例して断面が大きくなるず、経済的な工法です。航路筋の防波堤や護岸、道路護岸等に最適の消波工です。

余市河口漁港(北海道)
余市河口漁港(北海道)

田平港(長崎県)
田平港(長崎県)

日立港(茨城県)
日立港(茨城県)

里港(鹿児島県)
里港(鹿児島県)

マリンピア神戸(兵庫県)
マリンピア神戸(兵庫県)

小友漁港(佐賀県)
小友漁港(佐賀県)

古江港(宮崎県)
古江港(宮崎県)

佐賀関漁港(大分県)
佐賀関漁港(大分県)

white_1-1.png

●サイト内検索

Powered by Google

製品イメージ
製品紹介製品紹介

▶大型直立消波函塊
 ・ハニーウォール

▶直立消波ブロック
 ・ワーロック
 ・ワーロックR型

▶異形消波ブロック
 〈シーロックシリーズ〉
 ・シーロック(標準型)
 ・シーロック(B型)
 ・シーロックⅧ
 ・シーロックアドバンス61

▶ガンマ・エル
 ・ガンマ・エル

▶被覆根固ブロック
 〈スタビックシリーズ〉
 ・スタビック(標準型、TN型)
 ・スタビックtype F

▶環境製品
 ・高輝度蓄光材
 ・海藻カートリッジ

総合パンフレットPDF閲覧総合パンフレットPDF閲覧

お問い合わせお問い合わせ

採用情報採用情報

特許出願項目特許出願項目

販売実績のあるブロック販売実績のあるブロック

関係リンク

日本消波根固ブロック協会日本消波根固ブロック協会