消波根固工法におけるブロック製作用型枠の賃貸及びこれに伴うコンサルティングを行う会社です。

三省水工(株)ロゴ

本社直通電話:0334635394

トップページトップページ製品紹介製品紹介最新情報最新情報企業案内企業案内技術研究所技術研究所お問い合わせフォームお問い合わせフォーム

シーロック8

HOME > 製品紹介 > シーロックⅧ 異形消波ブロック

異形消波ブロック・シーロックシリーズ

シーロックⅧ SEALOCK Ⅷ

white_1-1.png

white_1-1.png
カタログPDF閲覧カタログPDF閲覧
white_1-1.png
賃料表PDF、本州、四国、九州賃料表PDF、本州、四国、九州white_5-5.png賃料表PDF、北海道、沖縄賃料表PDF、北海道、沖縄
white_1-1.png
賃料表は、本州、四国、九州版と、北海道・沖縄版に、
分かれています。

シーロック8

シーロックⅧ型は、従来のシーロックを基に開発されたブロックで、四本の脚を胴体部から構成据付後の相互の絡み合いが良く、波や流れなどの外力に対して卓越した安定性を発揮します。また、構築された消波工は表面の粗度と適当な空隙により、あらゆる波に対して優れた消波機能を持っています。更に、シーロックⅧ型は稜角部が多いため、藻類・サンゴ類の着生に有利であり、多様な生物の生息環境を提供します。

シーロック8
シーロックVIII
K D 値 / KD=13、空隙率/ 53%

型式 実質量 体積 型枠面積 A D C
(t)  (㎥) (㎡) (m) (m) (m)
100t型 98.90  43.001 76.049
5.35 5.78 4.82

シーロックⅧ100t型はNETIS(新技術情報提供システム)に登録しています。
NETIS登録番号:KTK−140004−A

□消波工
シーロックによる消波工は、二層整積被覆工形式または、乱積形式に二通りの構築法があります。二層整積消波工の場合、規則的に据付けることにより容易に施工でき、完成後は強力に絡み合って優れた耐波安定性を持ち、外観も幾何学的な人工美を兼ね備えています。また、ブロックが曲面で構成されているためシーロックで構築された消波工は、波の衝突時の飛沫の飛散が小さくなります。

□傾斜堤
シーロックによる傾斜堤には、乱積形式、二層整積被覆形式、整段積形式の3通りの方法があります。シーロックは乱積形式でも優れた絡み合いをもっているため、安定性のある傾斜堤が構築されます。乱積形式は適度な空隙により、堤内の海水交換に効果的です。また、3段積まで整段積形式とすることも出来ます。

□根固工・護床工・水制工
シーロックは根固工としても利用できます。シーロックは単体としても安定が良く、二本の直交する脚の片側が必ず直立するため、下方が支持層に食い込みアンカーの作用をし、また、上方の脚は水制効果の働きをします。

□水産協調型
シーロックに溝や植毛シートを付ける事によって、魚礁・藻場効果を持たせる事が出来ます。

シーロック8
沖縄県那覇港浦添埠頭地区

white_1-1.png

●サイト内検索

Powered by Google

製品イメージ
製品紹介製品紹介

▶大型直立消波函塊
 ・ハニーウォール

▶直立消波ブロック
 ・ワーロック
 ・ワーロックR型

▶異形消波ブロック
 〈シーロックシリーズ〉
 ・シーロック(標準型)
 ・シーロック(B型)
 ・シーロックⅧ
 ・シーロックアドバンス61

▶ガンマ・エル
 ・ガンマ・エル

▶被覆根固ブロック
 〈スタビックシリーズ〉
 ・スタビック(標準型、TN型)
 ・スタビックtype F

▶環境製品
 ・高輝度蓄光材
 ・海藻カートリッジ

総合パンフレットPDF閲覧総合パンフレットPDF閲覧

お問い合わせお問い合わせ

採用情報採用情報

特許出願項目特許出願項目

販売実績のあるブロック販売実績のあるブロック

関係リンク

日本消波根固ブロック協会日本消波根固ブロック協会